オーカマス工科大学 学長

いろいろ心動かされた出来事をメモ程度に書き留めていくブログです

意外な落とし穴が!!編入試験の募集要項で必ず見るべき4つの項目

編入学試験を受験しようと志し、受験校も決まった!さぁこれから受験校の徹底分析だ!!

と、息巻いてネットでいろいろ調べても当たり障りのない内容しか分からない・・・

結局なにが重要なんだ!!と頭を抱えているそこの君!!!

まずは、志望大学の募集要項をチェックする事だ

とは言っても、なにを見ればいいのか分からない・・・という方に、募集要項で絶対に見ておくべき4つの項目をまとめました。

ぜひご活用ください。

 

 

1.受験資格の確認

 編入しよう!志望校も決まった!!あとは受験するだけだ!!と思っても、まず初めに自分の身分で受験することは可能なのかを確認する必要があります。

 志望大学の学部学科によっては、大学生には最初から受験資格が与えられていない場合があります。例えば、旧七帝大学すべての工学部は大学生に受験資格は与えられておらず、高校と短大の要素を併せ持つ高等専門学校いわゆる高専生にしか受験資格が与えられていません。

旧七帝大学は有名な例ですが、他にも東京工業大学も同様だったりします。なので、必ず自分に受験資格があるのかどうか確認しておいてください。

 

2.願書締切日や受験日や合格発表日,入学手続きの締日の確認

 前者2つは極めて重要です、必ず確認してください。

昨年度の募集要項でも構いません、必ず確認してください。その時期にそれらが実施されているんだと確認する為です。毎年大きな変化はありませんから、いつ試験が行われるのかきっちりチェックしときましょう。

 

 また、合格発表日と入学手続きの締切日は、複数校受験する方は神経質になるぐらい確認して下さい。

なぜなら、別記事で言ってるように、編入試験の日程は大学ごとに異なります。という事は、合格発表日、入学手続きの〆日も大学ごとに異なると言う事です。

例えば、A大学とB大学を受験するとし、A大学が第一志望B大学が滑り止めだとしましょう。そして、それぞれこのような日程だったとします。

f:id:mathoka:20170317161258p:plain

 気付きましたか?

これだと、第一志望であるA大学の合否を知る前に、滑り止めであるB大学の入学手続きの期間が終わってしまってます。

 一般に編入学試験の場合、入学手続きを済ませてしまうと、その大学に行かなければなりません。また、合格した大学にやっぱり行かないことになった場合でも、その大学に進学しないよという意思表明をする必要があります(詳しい事は各大学の入試課に連絡してください)

 

 なので、この場合、滑り止めのつもりで先に受験したB大学が滑り止めになってないという事態に陥ります。もし、B大学に入学手続き書類を送らず進学を辞退し、そのままA大学に特攻、結果不合格となった時にはもう目も当てられません。

ちなみに、A大学とB大学の日程が真逆だったときは全く問題ないです。

上記に示したような事にならないよう十分注意しましょう。

 

3.願書提出締切日と提出書類の確認

 自分には受験資格があるしその他もろもろ確認もして問題なかったぞ!!あとは勉強するだけだ!!と意気込むのはまだ早いです。

次に確認する項目は、願書提出締切日と提出書類の確認です。

特に後者がめちゃくちゃ大事です。

 自身の通っている大学によっては、願書に記されている必要書類を手に入れるのに数日かかってしまう事やそもそもそういった書類がない場合(レアケース)など、願書提出締切日直前にそれが発覚してしまっては、元も子もありませんので、必要提出書類は目に穴が開くぐらい何が必要なのかチェックしてください。

 受験する大学によっては、志望理由書も併せて出願する必要があります。志望理由書は一日二日で書けるようなものではありませんから、じっくり何度も書き直して最高の理由書で出願したほうがよっぽど有利ですから、最低でも願書の提出日の一か月前から書き始めておくべきでしょう。

ちなみに、僕の受験した大学は志望理由書が必要ありませんでした。

 

4.受験科目とその範囲の確認

 受験資格もあるし、提出書類やそれぞれの日程も確認した!!今度こそ勉強に集中できるぞ!!!と思って、勉強を始めようとした時に、あれ?ところで何を勉強すればいいんだ??と考え込んでしまう事でしょう。

 そこで、募集要項で確認する最後の項目です。受験科目とその範囲の確認です。

ここの確認を怠るとやらなくていい努力をしてしまったり、やるべき努力ができなくなったりするので注意が必要です。

大学によっては、専門科目の内容が深かったり、数学の範囲が応用数学(複素関数フーリエ解析など)が入っていたり、英語に関しては、TOEICやIELTS,TOEFLすべてに対応している場合や中にはTOEFLのみしか認めない大学、大学独自の問題を採用していたりと様々です。

特に、TOEICを採用している大学は早いうちから対策に取り掛かれ、早い段階で(11月らへんで)高得点をとれればあとは専門の勉強に集中できるので、有利です。

また、複数の大学の編入試験を受験する場合は、なるべく試験範囲が被っていてかつTOEICを採用している大学に絞ればかなり試験対策は楽に行えます。

 

是非とも試験範囲の確認は怠らないようにしましょう。

 

5.まとめ

いかがでしたか。

募集要項ひとつとってもこれだけ得られる情報がありますし、今後の対策やペース配分も組み立てやすくなります。

編入試験の一番の障害は情報不足だと言われていますが、僕はそうは思いません。

大学側がなにを要求しているのかは、募集要項然り大学のHPの学科紹介然り、大変多く公開してくれています。

自分で考え能動的に行動できるように積極的にいろんなことに取り組んでいきましょう!

 

情報不足・・・僕が編入対策で行った3つの事

憧れの大学に編入したい!!!

第一志望に敗れた・・・けど、まだ諦めきれない・・・!!

そう思っているそこのあなた!!編入試験の受験を検討してみてはいかがでしょうか!?

 

え・・・?編入ってなに??という方や再受験と何が違うの??と思っているそこのあなた

編入学試験を受験するメリットをここにあげています、ぜひどうぞ

では、編入をしようと決断したあなた

ここでは、僕が編入試験を受験するにあたって具体的に何をしたかを話そうと思います。

 

 

①受験する大学の募集要項をチェック

まず、前提として編入試験を受験すると言う事はもう志望校も複数校決まっているとみなします。

そのうえで、自分が最初にしたことは、志望大学のホームページで編入試験の募集要項の確認をしました。

早い段階で編入をしようと決めている人は、自身が受験する年度の募集要項はまだ公表されてないかと思います。だからと言って、その募集要項が公表されるまで、指をくわえて待っているのはもったいないです。

そういう時は、昨年度の募集要項を確認しましょう。心配せずとも、編入試験の募集要項は毎年大きく変更されることは滅多にありません。(もしあった場合は昨年度の募集要項からすでにお知らせされています。)

また、募集要項を確認するときに確認するべき項目はこちらの記事にてまとめています。

是非ご確認ください。

 

 

②志望大学の過去問分析

 募集要項で見るべき項目を確認し理解出来たら次は大学の過去問の分析です。

大学によっては過去問を公開していない所もありますが、ほとんどの大学は編入試験の過去問を公表しています。

 

過去問を分析するべき理由は、みなさんもよーくご存知かと思います。なんせすでに高校受験(中には中学受験)や大学受験を経験していますから、過去問の重要性はよく理解できていると思います。

 過去問を手に入れればとにかく最初に解いてみる事です、それで今の自分の状況と志望大学との差が実感できるでしょう。

編入試験の場合は、中学高校大学受験と違って大型の模試が実施されていません。そもそも編入を志願する学生も少ないのでそういったものが発達していないのが現状です。

ですから、自分の学力状態を把握できる方法は、過去問を解く事しかありません。

過去問を解き続ける事は、試験を受けるまで欠かさずに続けましょう。

前まで解けなかった問題がいつの間にか解けるようになれば、志望校に一歩近づいた証拠です。

 おそらく、目安ですが、基本的に7割以上解けていれば合格圏内に入り込めるイメージですが、実際の所大学側から最低点の公表がないので謎のままです。

 

③大学の分析・研究室訪問 

 編入試験では、大学側で面接を実施しているところが殆どです。

面接では主に志望理由や合格した際のこの大学での将来の展望、学習意欲の有無などさまざまですが、一貫して聞かれることは、あなたはうちの大学で何が目的で何がしたくて受験しに来たんですか?という事です。

ですから、大した理由もなくただ『大学が近いから』や『学力にあってるから』、『今の大学では勉強できないから』といった志望大学である必要がない志望理由で受験するのは論外という事です。

 しっかりと自分がどんな研究をしたいのかその受験する大学でなくてはならない理由は何なのかしっかりとアピールできるように、大学の教育カリキュラムやどんな教授がいてどんな研究をしているのかを知るために大学の分析をする必要があります。

 

 また、もう志望理由もはっきりしていて、行きたい研究室も決まっていると言う人は、ぜひ受験日までにその研究室に一度訪問しておくことを強くお勧めします。

訪問したと言う事はそれだけ意欲がある事のアピールにもなりますし、面接時や志望理由書のネタにもできます。

 ちなみに、僕も行きたい研究室が志望大学にはあったので、一度訪問しました。

また、僕の場合、大学一年生のころに同内容の研究を行っている大学院のみの研究施設へ短期インターンに参加していたこともあり、そこでの経験もいいネタになりました。

 

 このように、面接では、ただ自分のやりたい事をアピールするだけでなく、そのためにこれまで自分は何をしてきたのかを表現できるネタも必要です。

ですから、大学の分析もしつつ研究室への訪問もすることをお勧めしているのです。

 

オマケ:予備校にいくべきかどうか

 中学・高校・大学受対策を専門にしている予備校が存在しているように、大学の編入学試験対策を専門にしている予備校も多くはないですが、存在はしています。

 その編入予備校のすべてがうたい文句にしているのが『編入対策をする上で一番困難な事は慢性的な情報不足です。ですが、こちらの予備校では長い実績を基にした徹底的な入試対策や面接対策をご提供出来ます。また過去問も充実しており受講生は自由に過去問の閲覧が可能。編入試験のエキスパートであるベテラン講師も常勤しておりいつでも質問対応や過去問の添削指導が出来ます』という事です。

とにかく、編入試験で障害になる情報不足という部分を解消するようなサービスは充実しています。

 しかし、個人的には、予備校は通っても通わなくてもどちらでもいいかなと思います。

詳しい理由は別記事にて書きますが、言える事は大学では編入試験範囲の内容が学べる授業が無かったり、通っている大学よりもはるかレベルの高い大学を受験しようとする人だけ通えばいいかなと思います。

 

まとめ

いかがですか?

編入するのは一見難しそうに見えて実はやるべきことはシンプルなんですよ。また、編入対策でするべきことの中に、勉強が入ってませんが、そんなもの入れる必要がないのは自明ですよね。

編入したいなら、勉強するのは当たり前ですから、わざわざそんなこと書く必要がありません。

また、大学での勉強は、いままでの高校受験や大学受験とは大きく違います。ですから、大学内容の勉強をする上で意識すべきことや勉強の仕方(学び方)はまた別の機会にまとめようと思います。

 

 では、長々と最後まで読んでいただき有難うございました。

あなたの人生を変える?!編入学試験をすすめる3つの利点

編入学試験を受験する3つのメリット

僕は、国公立大学から、国公立大学へある理由から編入をした意味わからん者です。

なぜ編入試験を受験したかについては、こちらにてどうぞ

mathoka.hatenablog.com

 

さて、別記事への宣伝も済んだことですし、本題の方へ進んでいきましょう。

 

 

メリット1:入学するのは3年生から!

そもそも編入学試験とはなんなのか?それから少し説明します。

簡単に言えば、編入は転入するのと同じ感覚です、つまり、学年はそのままに大学のみを変える事が出来る入試制度なのです。

 

大学にもよりますが、編入学試験に合格した者は、その大学へ3年生として入学をすることが許可されます。

なので、一部の中では、大学受験の敗者復活戦と言われたりします。

どういう事かというと、第一志望に据えていた大学に入学できず別の大学に進学しても、その第一志望の大学に編入学試験の制度があれば、もう一度自分の第一志望の大学に挑戦する機会があると言う事なのです。

 

そして『編入試験の一番の利点である入学年次は3年生から』というのが最もお勧めしているところです。

通例編入学試験自体は、高専生の為にあるようなものなのですが、ほとんどの大学では、編入学試験の受験資格として『四年制大学に休学していた期間を除き2年以上在学し62単位以上取得した者あるいは見込みのある者』に与えられます。

つまり、大学生でも編入資格はあると言う事で、しかも大学二年生であれば、受験することが可能という事です!

 

という事は、大学二年生の内に編入学試験を受験し、それに合格すれば、学年がダブることなくストレートで、自分の第一志望だった大学に3年生から入学することができる

良い事しかない入試なんです。

 

メリット2:成績がリセットされる!

 このメリットは、僕が編入をする上で最も重視したところです。

通常大学の成績は一年生から四年生までの成績で評価されますが、編入をすると、編入する前の大学や高専でいくら最悪な成績を取っていたとしても、編入してしまえばそれまでの成績は全て白紙に戻され、成績自体は3年生と4年生の成績で評価されます。

 

特に理系に関しては、4年生に上がる前に研究室配属があり、その時にどの学生がどの研究室に行くかを判断するのに成績が見られます。

希望する研究室が非常に人気で高倍率になる事はよくあります、その時に判断基準とされるのが成績です。

しかし、先ほども言うように、編入すれば成績はリセットもちろん研究室配属になるときは、1年生から入学してきた学生は1年から3年までの成績で見られますが、編入生は3年の時の成績だけで判断されます。

 

ね?最高だと思いませんか?

 

例え、自分の希望する研究室が超人気でも、3年生の間、1年間だけ頑張ればいいんですから、成績が取りやすいことこの上ないですよね。

 

実際、大阪大学に通っている友人がいますが、その方の話によれば、卒業するときに各学科で主席の人を受賞する時間があるのですが、理系学部のほとんどが高専からの編入生が首席で卒業していくと言っていました。

2年間頑張るのと4年間頑張るのとでどれだけ違うのかよくわかりますよね。

 

メリット3:何回も試験を受けれる!

 少し語弊のある言い方をしているので少し訂正しますが、編入試験は大学側で実施されるものなので、いつ入試を実施しても構わないという事なのです。

という事は、大学ごとに編入学試験が実施される時期が違ったりします。

僕が受験した大学では、7月中旬でしたが、他の大学例えば神戸大学では8月ごろに行われたりします。

ここで言いたい事は、編入試験の場合、日程さえ被らなければ別の大学にいくらでも受験していいんです。

つまり、国公立大学にいくらでも受験できるんです!とても良い響きですよね!!(笑)

 

理系の場合私立大学と国公立大学では、学費が数倍も違いますから、国公立大学に何回でも受験できることを考えると、親孝行できるチャンスが沢山あると言う事です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この様に編入学試験には、学年をダブらせることなく自分のキャリアをアップさせることができ、しかも、親にかける負担も軽減させるチャンスがあると言う事です。

 

今の大学に不満のある方、もっと高みを目指したいと燻っている方、やりたい事があると言う方、ぜひぜひ編入学試験制度を有効に活用してみてください。

 

あなたの人生180°変えるかもしれませんよ・・・?

 

編入についての記事まとめ

ここでは、僕が編入するにあたって行ってきたことを記事にしたものをまとめているところです


 

 

国公立大学から筑波大学に編入

筑波大学編入体験記

筑波大学編入学試験を受験し、合格しました。

 

憧れの筑波大学!というわけでもなく、受験したら合格した、だから編入する事にした

みたいなかるーいノリで編入をしました。

 

今回は、筑波大学の編入試験をなぜ受験したのか書き留めていきたいと思います。

 

・今の大学が嫌だ!!!!!

主な理由がコレです。

今通っている大学が死ぬほど嫌だったんです・・・。

どんな大学に通っていたかというと、特定されない程度に紹介すれば、偏差値60以上で旧帝国大学を第一志望にしていた人たちが志半ばに受験戦争に敗れ放浪の末たどり着いた辺境の地にある国公立大学です。

 

『・・・・。は?』

 

と思った方がいるかと思います。

『いやいや、いくらいやだからと言って、偏差値も高いししかも国公立の大学に通ってるくせに、今の大学が嫌だとは何事か』

と言いたいんですよね。分かります分かります。

そんなこと親から何千何万回と耳にタコができるぐらい言われてきたことですから、いまやそのタコが僕の耳ふさいでいるので、その類の言葉は一切聞こえなくなってしまったんですよね。

 

とにかく当時の自分は学びたい分野がありました。ですが、その分野がその大学にはなかったんです、もちろんそのことについては、入学した当初から知っていました。

 

では、なぜ入学したの?と良く問われます。

 

それは・・・。

 

 

浪人が嫌だ!!!!

と思ったからですね、舐めてますよね。

高3の頃は、第一志望に京都大学を据えて受験勉強に励み、センターでかなりこけつつも二次試験の配点がかなり高かった(セ:二次=200:800)のと、二次試験に自信があったことから、そのまま京大に特攻・・・英語の出題傾向の変化や物理で新課程の原子物理の出現など荒れに荒れた本番の波に巻き込まれ、あえなく撃沈。

 

別日程で受験していた現在の大学に合格し、浪人も頭をよぎりましたが、もう一年同じ勉強をするよりも、さきに次のステージに身を進めて大学の勉強をしたいという気持ちが強かったので、浪人はせず学びたい事がない大学へ入学したと言うわけです。

他に僕は理系だったので、大学院で京都大学院に行こうと考えてたと言うのもあります。

そのためには、現在の大学で死ぬほど良い成績(GPA3.5以上)を維持する必要がありました。

しかし、当時の自分は第一志望に落ち今の大学に入学したことに対し強い劣等感を感じていました、つまり学歴コンプレックスに陥っていたと言う事です。

結局そんな精神状態のまま当然の事に、勉強に身が入らず、1年前期の成績がGPA2.0というポンコツな成績でした。

それ以後もやはり講義にも出席せず、自分ならこの程度の大学の授業など、独学で十分理解できると傲慢な態度のまま、定期テストのみ受けるという大学を人を世の中を舐めに舐めまくった学生生活を送っていました。

 

もちろんそんな事で単位なんて簡単にくれるわけもなく、1年後期の成績はGPA1.42という24単位中16単位しか取得できてない無様な成績にまで落ちぶれていきました。

 

この時にやっと、このままでは大学院に行けるどころか大学にも卒業できず、くずみてぇな人生を送ることになるかもしれない・・・という危機感を感じ始めました。

 

何とかせねば・・・!といろいろ四苦八苦していた時に、世の中には編入試験があるということを知りました。

あとで別記事にしたためますが、編入試験は調べれば調べるほど自分にとって利益になる事しかなかったんです。

それが分かった瞬間から、もう編入してやる!編入して自分のクズみたいな大学生活を変えてやる!と決断し、編入試験に向けて本格的に動き始め、去年の夏ごろ編入学試験を受験、無事合格までに至る事が出来ました。

 

 

今の自分の現状を変えたいという気持ちだけで頑張り自分のクソみたいな成績だけでなく生活を変えるチャンスを勝ち得ました

 

編入に関する勉強やモチベの保ち方、費用に関してまで別記事にて書いていこうと思います。

最後まで読んでいただき有難う御座います。

ではでは